PC版OutlookにGmailをIMAP接続で設定する

ここでは PC版 Outlook(Office365/2019)にGmailをIMAP接続で設定する方法を解説します。作業の前にGmail側でIMAP接続を利用するための準備をしておいてください。

設定手順

アカウントの追加画面を開く$

Outlookのメニューバー
画面上部のツールバーからファイルをクリック
Outlook アカウントの追加ボタン
アカウント情報画面でアカウントの追加ボタンをクリック

Gmailアドレスを入力$

アカウント追加ウィザード①

追加したいGmailアドレスを入力して接続ボタンをクリック

Gmailにログイン$

アカウント追加ウィザード②
GmailにログインするユーザーID(Gmailアドレス)を入力して次へをクリックします。
アカウント追加ウィザード③
Gmailにログインするためのパスワードを入力してログインをクリックします。
アカウント追加ウィザード④
Googleアカウントで2段階認証を設定している場合は、画面の指示に従って確認コードの入力をおこないます。

OutlookがGoogleの情報にアクセスするのを許可$

アカウント追加ウィザード⑤

OutlookがGoogleの情報(メール等)にアクセスするための許可を設定します。内容を確認したら「許可」ボタンをクリックします。

完了ボタンをクリックして設定終了$

アカウント追加ウィザード⑥
  • Outlook Mobile をスマートフォンにも設定する のチェックを入れたまま完了すると お使いのブラウザでOutlook Mobileアプリのダウンロード画面が開きます。
  • 初めてGmailをOutlookに設定する時などで、アカウントの追加に失敗する場合があります。その場合は最初に戻ってもう一度試すと、大抵うまくいきます。

必要に応じて以下の記事の「アカウント名と同期の設定(主に差出人の表示名とサーバーの動作設定)」の箇所を参考に 微調整をおこなってください。

CompanionLinkというアプリを使うと Outlookのカレンダーや連絡先、タスクをGoogleと同期することもできます。

Gmail(IMAP)とOutlookのフォルダの対応関係について

GmailをIMAP接続でOutlookに設定した後のGmail側とOutlook側のフォルダの対応関係は以下のとおりです。

Gmail側Outlook側
受信トレイ受信トレイ
[imap]下書き下書き ※1
送信済み送信済みメール
迷惑メール迷惑メール
ゴミ箱ゴミ箱
スター付きスター付き
すべてのメールすべてのメール ※2
重要重要 ※2
アーカイブ- ※3
スヌーズ中、チャット、予定、カテゴリ(ソーシャル・新着・フォーラム・プロモーション)- ※3
- ※4送信トレイ
- ※4同期の失敗
- ※4検索フォルダ―
  • Outlookの下書きフォルダはGmail側の下書きフォルダとは別のIMAP専用の下書きフォルダに同期されます。

  • すべてのメールや重要ラベルの付いたメールは、初期値ではOutlook側に同期されません。これらのフォルダを同期させるとOutlookの送受信が遅くなるためです。

  • アーカイブやGmailの自動カテゴリは、Gmail独自の特殊フォルダ(ラベル)なので、Outlook側に同期されません。

  • 送信トレイ、同期の失敗、検索フォルダ―はOutlook側固有の特殊フォルダなのでYahoo側に同期されません(仮に同期させても意味がありません)。

IMAP購読フォルダの変更方法

Gmailはメールを管理する仕組みがOutlookのようなフォルダ方式ではなくラベル(≒タグ)を使った方式のため、OutlookとIMAP方式で同期する場合、あまり相性が良くありません。

特に「すべてのメール・重要・スター」等の特殊なラベルは、メールの件数が多いと Outlookとの同期を極端に遅くする原因になるので、通常はOutlook側に同期させないことをお勧めします。

Gmail側のラベル(≒フォルダ)とOutlook間の同期のON/OFFは IMAP購読フォルダで制御することができます。

Gmailの受信トレイで右クリックし、IMAPフォルダーを選択します。

IMAPフォルダーでクエリをクリックし、同期のON/OFFを切り替えたいフォルダーを選択して「購読・取り消し」を決定、最後にOKボタンをクリックします。