PC版OutlookにOutlook.comメールをIMAP接続で設定する

ここでは PC版 Outlook(Office365/2019)にOutlook.comメールをIMAP接続で設定する方法を解説します。なお、@outlook.jp、@hotmail.com、@live.com、@msn.comなどのMicrosoft系フリーメールも同じ手順となります。

(所要時間:約5分)

作業の前にOutlook.comをIMAP接続で利用するための準備をしておいてください。

  1. アカウントの追加画面を開く

    画面上部のツールバーからファイルをクリックし、アカウント情報画面でアカウントの追加ボタンをクリックします。

    画面上部のツールバーからファイルをクリック

    アカウント情報画面でアカウントの追加ボタンをクリック

  2. Outlook.comメールアドレスを入力

    追加したいOutlook.comメールアドレスを入力し、手動設定にチェックを入れてから接続ボタンをクリックします。

    手動設定にチェックを入れないまま接続ボタンをクリックするとIMAP接続ではなくExchange方式での接続設定になるので注意してください。

  3. IMAPを選択

    詳細設定でIMAPと書かれたアイコンをクリックします。

  4. サーバー設定情報を入力

    IMAP用の受信メールと送信メールサーバーの設定情報を入力します。

    区分サーバーポート暗号化方法セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要
    受信メールoutlook.office365.com993SSL/TLSチェクしない
    送信メールsmtp.office365.com587STARTTLSチェクしない

    2020年3月現在では、従前から使用されていたメールサーバーでも設定可能でした。

    • 受信メールサーバー
      imap-mail.outlook.com
    • 送信メールサーバー
      smtp-mail.outlook.com
  5. パスワードを入力

    Outlook.comのパスワード(Microsoftアカウントのパスワードを)を入力します。2段階認証を有効にしている場合はアプリパスワードを入力します。

    アプリパスワードの作成方法はこちら

  6. 完了ボタンをクリック

    完了ボタンをクリックして設定は完了です。完了後、Outlookは自分宛にテストメールを送信します。

    Outlook Mobile をスマートフォンにも設定する のチェックを入れたまま完了すると お使いのブラウザでOutlook Mobileアプリのダウンロード画面が開きます。

    IMAP設定完了後の画面比較

必要に応じて以下の記事の「アカウント名と同期の設定(主に差出人の表示名とサーバーの動作設定)」の箇所を参考に、微調整をおこなってください。

Outlook.comメール(IMAP)のフォルダ名について

Outlook.comメールをIMAP接続でOutlookに設定した後のOutlook.com側とOutlook側のフォルダの対応関係は以下のとおりです。

Outlook.com側Outlook側
受信箱受信トレイ
下書きDrafts
送信済みメールSent
迷惑メールJunk
ゴミ箱Deleted
アーカイブアーカイブ
メモNotes
-送信トレイ
-同期の失敗
-検索フォルダ―
-Outbox
  • 一部のフォルダ名がOutlook側で英語表記になりますがこれは仕様です
  • 送信トレイ、同期の失敗、検索フォルダ―はOutlook側固有の特殊フォルダなのでOutlook.com側に同期されません(仮に同期させても意味がありません)。
  • Notes(メモ)フォルダ―はOutlook.com側の機能で PC版Outlookからは閲覧のみ可能です。なお、Outlookのメモ機能とは互換性がありません。
  • Outboxは iPhone標準のメールアプリなど、一部のメールクライアントでOutlook.comを設定した場合に作成される「送信トレイ」で、PC版Outlookでは使用しません。Outlook.comの使用状況によっては表示されません。

この記事がお役に立ちましたら、シェアしていただけると嬉しいです!