PC版OutlookにYahooメールをIMAP接続で設定する

ここでは PC版 Outlook(Office365/2019)にYahooメールをIMAP接続で設定する方法を解説します。

(所要時間:約5分)

作業の前にYahooメール側でIMAP接続を利用するための準備をしておいてください。

  1. アカウントの追加画面を開く

    画面上部のツールバーからファイルをクリックし、アカウント情報画面でアカウントの追加ボタンをクリックします。

    画面上部のツールバーからファイルをクリック

    アカウント情報画面でアカウントの追加ボタンをクリック

  2. Yahooメールアドレスを入力

    追加したいYahooメールアドレスを入力して接続ボタンをクリックします。

  3. IMAPを選択

    詳細設定でIMAPと書かれたアイコンをクリックします。

  4. サーバー設定情報を入力

    IMAP用の受信メールと送信メールサーバーの設定情報を入力します。

    区分サーバーポート暗号化方法セキュリティで保護されたパスワード認証(SPA)でのログオンが必要
    受信メールimap.mail.yahoo.co.jp993SSL/TLSチェクしない
    送信メールsmtp.mail.yahoo.co.jp465SSL/TLSチェクしない
  5. パスワードを入力

    Yahoo! JAPAN IDのパスワードを入力します。ワンタイムパスワードではありません。

  6. 完了ボタンをクリック

    完了ボタンをクリックして設定は完了です。完了後、Outlookは自分宛にテストメールを送信します。

    Outlook Mobile をスマートフォンにも設定する のチェックを入れたまま完了すると お使いのブラウザでOutlook Mobileアプリのダウンロード画面が開きます。

    IMAP設定完了後の画面比較

必要に応じて以下の記事の「アカウント名と同期の設定(主に差出人の表示名とサーバーの動作設定)」の箇所を参考に、微調整をおこなってください。

Outlookのアドイン「EVO Collaborator」を使うと、YahooカレンダーとOutlookを同期することもできます。

Yahooメール(IMAP)のフォルダ名について

YahooメールをIMAP接続でOutlookに設定した後のYahoo側とOutlook側のフォルダの対応関係は以下のとおりです。

Yahoo側Outlook側
受信箱受信トレイ
下書きDraft
送信済みメールSent
迷惑メールBulk Mail
ゴミ箱Trash
-送信トレイ
-同期の失敗
-検索フォルダ―
  • 一部のフォルダ名がOutlook側で英語表記になりますがこれは仕様です
  • 送信トレイ、同期の失敗、検索フォルダ―はOutlook側固有の特殊フォルダなのでYahoo側に同期されません(仮に同期させても意味がありません)。
  • Yahooメール側でメールを仕分けるための「個人フォルダー」を作成している場合はOutlook側にも同期されます。

Outlook 2016以前のOutlookとYahooメールのIMAP同期について

Outlook2016以前のOutlook の場合、Outlook側の特殊フォルダがYahooメールのIMAPフォルダと正しくマッピング(≒紐づけ)できない問題がありました。

Office365 や Office Home and Business Premiumなどのライセンスで最新版にアップグレードされているものを除く

問題の詳細と対処法については以下の記事を参照してください。

この記事がお役に立ちましたら、シェアしていただけると嬉しいです!