DejaDesktop の基本設定

DejaDesktop の基本設定

インストールが終わったら、DejaDesktop の設定をしましょう。シンプルな設定画面で、PCが苦手な方でも簡単にセットアップできるのも良いところです。ここでは基本的な設定の流れをOutlookとGoogleを例に説明しています。他のアプリやクラウドサービスとの同期については省略しますが、このページで操作のイメージを掴んでおくと理解がしやすくなると思います。

設定画面にアクセスする

DejaDesktop の設定画面にアクセスする方法は3通りあります。お好みの方法でどうぞ。

DejaDesktop の基本設定

デスクトップのアイコンをダブルクリックする方法

DejaDesktop の基本設定

Windowsのスタートボタンから「CompanionLink」>「DejaDesktop」とたどる方法

DejaDesktop の基本設定

画面右下のタスクトレイにあるDejaDesktopのアイコンをクリックする方法(初回起動時はアイコンが異なる場合があります)

カレンダーのオン・オフを瞬時に切り替える方法

DejaDesktop の基本設定

デスクトップ画面右下のタスクトレイにあるDejaDesktopのアイコンを右クリックして表示されるメニューから「Hide(隠す)」「Show(表示する)」をクリックすることで、合成した壁紙画像のON・OFFを瞬時に切り替えることができます。

基本設定画面の構成

基本設定画面では、表示させたいカレンダー(OutlookやGoogleなど)を選択と、カレンダーのスタイルやサイズ調整、カレンダーの表示・非表示の切り替えといった、最もよく使う機能に関する設定をおこなうことができます。基本設定エリアの内容は表示させたいカレンダーの種類によって項目が変化します(詳細は後述)。

DejaDesktop の基本設定

Data Sourceで表示させたい(読み込む)サービス等を選択する

設定画面が開いたら表示させたいカレンダーを選択し、必要に応じて細かい設定をしていきましょう。DejaDesktopではデスクトップ版Outlookの他、Googleなどのクラウドサービスから表示させたいデータを読み込むことができます。

インストール直後は無料のマンスリーカレンダー「Free Blank Monthly Calendar」が選択されています。

DejaDesktop の基本設定

❶ 設定画面上部の「Data Source」欄をクリックして、表示させたいカレンダーを選択します。ここでは例として「Microsoft Outlook」を選択しました。

DejaDesktop の基本設定

❷ インストール後最初の14日間はお試し版として無料で全機能が利用できます。「はい」をクリックしてお試し機能を有効化します。

表示させたいカレンダーにGoogleを選択した場合

Googleを選択した場合は、Googleアカウント上の情報にアクセスするための認証画面が開きます。次の画像を参考にしながら作業を進めてください(Googleアカウントで2段階認証が有効になっている場合の例です)。

DejaDesktop の基本設定

❶ 表示させるGoogleアカウントのメアドを入力して「次へ」をクリックします。

DejaDesktop の基本設定

❷ 次にパスワードを入力し、「ログイン」をクリックします。

DejaDesktop の基本設定

➌ Googleアカウントで2段階認証を設定している場合は、認証コードを入力して「完了」をクリック。「次回から表示しない」にもチェックを入れておきましょう。

DejaDesktop の基本設定

❹ DejaDesktopがGoogleアカウントへのアクセスする項目を確認して「許可」をクリックします。

DejaDesktop の基本設定

❺ Googleアカウントへの接続設定が完了した画面。この画面からGoogleアカウントとの接続解除や、Googleアカウント内のどのカレンダーを表示させるかを選択できます。

ウィンドウの下半分「Calendar Settings」欄では、表示させるGoogleアカウント内のカレンダーを選択することができます。

  • Default Calendar
    デフォルト(標準)のカレンダーのみを同期します。Googleで1つのカレンダーしか使っていない方向けです。
  • All Calendars
    全てのカレンダーを同期します。
  • Selected Calendars
    選択したカレンダーを同期します。
DejaDesktop の基本設定
  • Sync Event Colors
    チェックを入れるとGoogleカレンダーで予定作成時に指定した色をカレンダーに反映させます。
DejaDesktop の基本設定

後で⑤の画面に戻るには基本設定画面で「Google Setting」をクリックします。

基本設定の項目

同期したいカレンダーを指定したら、動作などの設定していきましょう。ここでは壁紙に表示させたい項目(カレンダー、連絡先、タスク、メモ)のON/OFF および、サイズの調整をおこなうことができます。

Googleを選択した場合はメモの表示は利用できません(Google Keep側の仕様)。

DejaDesktop の基本設定

各項目の意味は下記のとおりです。チェックを入れた項目が壁紙画像に合成されます。

① 月次カレンダーの表示(Month View)

  • A(ahead):非表示(None)から6か月先までのカレンダーを表示
  • B(behind):非表示(None)から6か月前までのカレンダーを表示

② 1日のタイムスケジュールの表示(Day View)

  • C:今日(1Day)から5日(5Days)先までの1日のタイムスケジュールを表示

月次カレンダーでは予定のタイトルのみが表示されるので、時間も確認したい場合はONにしておくと良いでしょう。

③ 連絡先の表示(Contacts)
④ タスクの表示(Tasks)
⑤ メモの表示(Notes)
⑥ カレンダー等の表示サイズ
スライダーを動かすことで40%から100%の間で調整できます 。

高解像度のディスプレイの場合、字が小さすぎて見えにくくなるので、80%から100%あたりがよいかもしれません。


次は詳細設定をおこないます。

DejaDesktopの使い方・全目次
  • 概要
    できること|特徴とメリット
  • ダウンロードとインストール
  • 基本設定
    設定画面にアクセスする|カレンダーのオン・オフを瞬時に切り替える方法|基本設定画面の構成|Data Sourceで表示させたい(読み込む)サービス等を選択する|基本設定の項目
  • 詳細設定
    詳細設定画面を開く|概要(Overview)タブの設定内容|高度な設定(Advanced Settings)タブの設定内容|祝日を表示(Holidays)タブの設定内容|表示させるOutlookフォルダ(Outlook Folders)タブの設定内容|分類項目フィルタ(Category Filter)タブの設定内容
  • ライセンスの購入と登録
    クレジットカード決済の方法|オーダーフォームの記入方法|PayPal決済の方法|ライセンスの登録(認証作業)
  • 公式サイト