EVOメールサーバーの構築メモ

2015/10/31

EVOメールサーバー(以下「EVOMS」)の構築は、専門的な知識やスキル(もちろん設備も)がある方であれば、それほど難しくないことかもしれませんが、予備知識が無いと、導入のための情報(必要な物や手順)をネットから集めるのも一苦労です。

ここでは、私が実際にEVOMSを使えるようにするまでに実施した手順などを、「個人的なケーススタディ」としてまとめました。EVO Mail Serverの使い方本編や、公式サイトのマニュアル(英語)とあわせて、構築手順のおおまかなイメージを掴むのにお役立て下さい。

  • 本記事で紹介している手順等の中には、EVO公式サイトで推奨もしくはサポートされていない内容が含まれることがあります。また本記事と同じ手順を踏んでも、全ての場合・環境において必ず動作することや、運用時の安定性・安全性を保証するものではありません。
  • 使用機器・ネットワーク構成・セキュリティ対策についてはご自身の運用基準に合わせて構成して下さい。当サイト(ブログ)に掲載された記事の内容に基づく あらゆる行為・操作等により、何らかの損害等が生じても、いかなる責任も負いかねますのであらかじめご了承ください。
  • ライセンスや物品の購入、各種サービスの契約等については、十分に確認されてからご自身の判断・責任において行って下さい。