楽天ポイントをEdyにチャージしてAmazonで使う方法

2021/3/22

楽天ユーザーならAmazonで買い物をする際、貯まった楽天スーパーポイントを使いたいと思うことはよくあります。残念ながらAmazonで直接楽天ポイントを使うことは出来ませんが、楽天ポイントを電子マネーのEdyにチャージすることで間接的に支払うことが可能です。

これらの作業は おサイフケータイ機能搭載のAndroidスマホなら比較的簡単に進めることができますが、iPhoneや おサイフケータイ機能非搭載のスマホを使用している場合は、PCと組み合わせて作業しなければならず、初めて挑戦する方にとってはやや難しいと感じるかもしれません(投稿日現在)。

この記事ではiPhoneまたは一部のNFC搭載Androidスマホをお使いの方向けに 楽天スーパーポイントをカードタイプのEdyにチャージし、チャージしたEdyを使ってAmazonで決済するまでの手順を画像を交えて解説します。

商品やギフトカードをコンビニ払いする際、楽天Edyを使用することは出来ません。おサイフケータイまたはPC+カードリーダーによるオンライン決済時のみEdyを使用できます。

作業の流れと注意事項

今回解説する作業は大きく分けて、

  1. 楽天ポイントからEdyへのチャージ申請(Webブラウザ使用) ※1
  2. ポイントチャージ申請したEdyをEdyカードで受け取る(iPhone使用) ※2,3
  3. チャージタイプのAmazonギフトカードをPC+PaSoRi(カードリーダー)で決済 ※2,3,4
  4. Amazonギフトカードで支払い

の4つの段階があります。特に抑えておくべき注意事項は以下のとおりです。

  • ※1 初めてのポイントチャージ申請は処理に最大2日かかるなど、セキュリティ上の制限があります。
  • ※1 チャージ可能なポイントは通常ポイントのみ(期間限定や他社交換ポイントは不可)。
  • ※1 チャージ上限は、100,000ポイント/月、25,000ポイント/回
  • ※2 PC+パソリでは、ポイントチャージによるEdyの受け取りは出来ません。
  • ※3 iPhone専用パソリ(RC-S390)は2021年8月17日でサービス終了予定
  • ※4 Edyで直接決済することも可能ですがデメリットがあります。

おサイフケータイ(Android)がない場合は、PCとカードリーダーを用意しよう

おサイフケータイ機能付きのAndroidスマホがない場合は AmazonでのEdy支払い時に PCと以下のような対応カードリーダーが必要となるので事前に使えるように準備しておきましょう。

参考

Edy Viewerとは(楽天Edy公式)

ポイントチャージからAmazon決済の手順

iPhone等のおサイフケータイ非対応スマホをお使いの場合に、楽天スーパーポイントをカートタイプのEdyにチャージし、チャージしたEdyを使ってAmazonで決済するには以下の手順で操作します。

(所要時間:約15分)

本手順は投稿日現在の情報に基づいています。作業に当たっては、最新の情報をEdyおよびAmazon公式サイトのサポートページで参照の上、ご自身の責任で実施してください。

あらかじめパソリ等のカードリーダーをパソコンにセットアップし、Edyビューワー(チャージ、残高・取引確認等をおこなうWebアプリ)を利用できるように準備しておきましょう。

参考

Edy Viewerとは(楽天Edy公式)

  1. 楽天ポイントからEdyへのチャージ申請

    Webブラウザを使って楽天Edyのポイントチャージガイドのページからポイントチャージ申請画面を開き、ポイントをチャージ(移行)したいEdyカードをチェックしてポイント数を入力後、「申請する」ボタンをクリックします。

    楽天ポイントが貯まる設定となっているEdyカードを用意し「ポイントチャージへ」をクリックします。必要に応じてあらかじめポイント設定を変更しておきます。
    事前確認
    ポイントチャージ申請タブに切り替えて「チャージ申請へ」ボタンをクリックします。
    申請画面を開く
    ポイント移行元の楽天IDでログインします。
    楽天IDでログイン
    楽天ポイントを使ってチャージしたいEdy(ポイント移行先のEdy)をクリックしてチェックを入れます。
    Edyカードの選択
    画面を下に移動し、通常ポイントの範囲内でチャージしたいポイント数を入力し「申請する」ボタンをクリックします。
    ポイント数の指定
    申請完了が出たら、ブラウザでの作業は一旦完了です。Edyカードでの受け取り作業へ進みます。
    申請完了

  2. ポイントチャージ申請したEdyをEdyカードで受け取る

    iPhoneで楽天Edyアプリを起動し、ステップ1でチャージ申請したEdyカードをかざして読み取ります。メニューからEdyを受け取るをタップしてもう一度カードをかざすとポイントがEdyにチャージされます。

    アプリを起動したら「はじめる」をタップします。
    はじめるをタップ
    画面の指示に従ってiPhoneの上部にチャージ対象のEdyカードをかざします。
    Edyカードをかざす
    Edyカードの情報がアプリに読み込まれます。
    読み取り完了
    メイン画面が表示されたら「Edyを受け取る」と書かれたアイコンをタップします。
    Edyを受け取るをタップ
    受け取り待ちEdy一覧から「ポイントチャージ」と書かれた行の「受け取る」をタップします。
    受け取るをタップ
    画面の指示に従ってiPhoneの上部にチャージ対象のEdyカードをかざします。
    Edyカードをかざす
    カードへの書き込みが完了するまで少し待ちます。
    一瞬だけ待つ
    Edyの受け取りが完了しました。
    受け取り完了
    自動的にメイン画面に戻るので、残高が反映されているかを確認してチャージ完了です。
    残高を確認してチャージ完了
  3. Amazonギフト券(チャージタイプ)をEdyで買う

    ステップ2でチャージしたEdyを使って、Amazonギフト券(チャージタイプ)を購入します。支払いオプションで「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」を選択し、メールで送られてくる決済専用のURLから手続きを進めます。

    Amazonギフトの商品画面でEdyで支払いたい金額を指定して「今すぐ購入」をクリックします。
    チャージ額の指定
    お支払い方法の選択画面で「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」を選択して「続行」をクリックします。
    電子マネー払いを選択
    支払い方法とチャージ額に間違いないことを確認して「注文を確定する」をクリックします。
    注文の確定
    注文完了画面が表示されます。Amazonから電子マネー決済用の案内メールが届くのでメールをチェックします。
    注文完了
    件名で「Amazon.co.jp お支払い番号のお知らせ」と書かれたメールに記載されているURLをIE(インターネットエクスプローラー)ブラウザで開きます。
    電子マネーの決済画面を開く
    IEでAmazonの収納代行会社の決済画面を開いたら支払い内容を確認し、画面下から「楽天EDY(パソリでのお支払い)」をクリックします。
    楽天EDY(パソリ)を選択
    注意事項に目を通したら「送信」をクリックします。
    送信をクリック
    IEの別タブでEdy Viewerが起動したら、金額を確認して「支払う」をクリックします。
    支払うをクリック
    画面の指示に従って、パソリにEdyカードをかざします。
    パソリにEdyカードをセット
    取引結果に目を通したら「次へ」をクリックします。
    取引結果の確認
    Edyによる決済が完了しました。完了通知メールをチェックします。
    決済完了
    無事Amazonギフトがアカウントに登録されたことが確認できます。
    完了通知
    すでに説明した方法でEdyカードの残高・取引履歴を確認しておくと良いでしょう。
    一応Edyの残高を確認
    IEの起動方法

    Windows10の標準ブラウザはIEではないので、お支払い番号のメールのリンクをクリックするとご自身が設定したデフォルトブラウザ(EdgeやChrome)が起動してしまいます。その場合は先にIEを起動し、メールに記載のURLをIEのアドレスバーにコピペして対応してください

  4. Amazonギフトカードで商品購入

    Amazonギフトにチャージした場合、お支払い方法でAmazonギフトを選択するだけなので通常の買い物方法と特に違いはありません。Amazonギフト券とAmazonポイントの併用はもちろん、不足分をクレジットカードで充当することも可能です。

    今回の買い物でAmazonギフト券を利用したくない場合は、支払い方法の選択画面で「ギフト券の残高を使用する」のチェックを外してください(下記スライド2枚目)。

    Amazonギフトでの支払いなので、配送オプションはお好みでどうぞ。
    配送オプションの選択
    EdyからAmazonギフトにチャージしているので、支払い方法で「ギフト残高の使用」にチェックが入っているはずです。「続行」をクリックします。
    支払い方法の確認
    ギフト券やポイントの適用状況等を確認して問題なければ注文を確定します。
    注文の確定
    注文完了です。
    注文完了

ちなみに今回購入したのはこれ 愛用していた初代AirPodsのバッテリーがヘタったので。

商品を直接Edyで購入するには?

Amazonギフト券にチャージするプロセスをスキップして直接Edyで商品を購入することも可能です。

その場合は、注文時の配送オプションで「通常配送」を選択し、支払い方法で「コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払い」を選択します。後は、前述のAmazonギフトの購入で解説した手順を参考に、収納代行業者の決済画面でEdy支払いを実行するだけです。

一見こちらの方が楽だと思われるかもしれませんが、以下のようなデメリットがあるので注意しましょう。

  • 注文時にAmazonポイントは利用可能だが、現金・クレジットカードなど他の支払い方法と組み合わせることができない。
  • 支払い額がEdy残高を上回る場合は、あらかじめEdy残高をクレジットカードや現金でチャージする必要がある。
  • Edyの最低チャージ単位が1,000円であることから、場合によってはEdy内にムダな残高を残すことになる(Amazonギフトのチャージは最低100円以上1円単位)。
  • プライム会員であっても、配送オプションは「通常配送」しか選択できない。

以上、「楽天ポイントをEdyにチャージしてAmazonで使う方法」でした。

この記事がお役に立ちましたら、シェアしていただけると嬉しいです!