Outlook.comをAndroidで使う

MicrosoftのOutlook.comがExchange Active Syncに対応したことで、Outlook2013の使い勝手はもちろん、AndroidやiPhoneからも格段に利用しやすくなりました。

Outlook.comをExchange Active Syncで使うことにより、メール,カレンダー,連絡先,タスクの同期が出来るようになるので、Google派ではない方は是非使いこなしたいところです。

Exchangeの設定はiPhoneでもAndroidでも基本的に変わるところはありませんが、Androidの画面を使って説明しているサイトが少ないようなので、 Outlook.comをAndroidで使う 設定などを参考までにご紹介します。

画面はドコモGALAXYSⅢ SC-06Dのものです。お使いの端末やOSのバージョンにによって表示が異なる場合があります。

設定

設定画面の「アカウントと同期」をタップします。

Hotmail,live,Outlook.comなど、利用しているホットメール系のアドレスとパスワードを入力して「手動設定」をタップします。

この欄に入力するメールアドレスは、エイリアスで追加作成したアドレスではなく本来のメールアドレス(既存のアカウント)です。※画面は,live.jpのアカウント例です。

一番上のドメイン・ユーザー名の欄は特にいじる必要はないかもしれませんが、端末によっては ひとつ前の画面で入力したメールアドレスの前に、何らかの文字が付加されることがあります。※この端末の場合は,wに取り消し線のような文字がつきました。

うまくいかない場合は、付加された文字を削除してメールアドレスだけにしてみてください。

Exchangeサーバーの欄には、「m.hotmail.com」と入力します。この欄は「live.jp」とか「outlook.com」に置き換えてはいけません。

GALAXYSⅢ SC-06Dではこのようなメッセージが出ましたが、ここは「OK」ボタンをタップしないと進めません。

Exchangeサーバーとの接続が成功すると、同期設定画面(アカウントオプション)が表示されます。お好みの設定を行い、一番下の「次へ」をタップします。

※ピークスケジュール,オフピークスケジュールは、別途ピークスケジュールとして設定した曜日と時間で自動同期のタイミングを切り替えることが出来ます。

例えば、平日の9:00から17:00をピークスケジュールとし、その間は「プッシュ」で、それ以外のオフピーク時には60分間隔で同期させるといった設定が可能です。これによりバッテリーの消耗をある程度制御することが出来るかもしれません。

上記の初期設定を終えたら、最後に任意のアカウント名を指定して「完了」です。※初回の同期は時間がかかります。

ピークスケジュールの設定画面の場所

「アカウントと同期」画面から上記で作成済みのExchangeアカウントをタップします。

画面上部の「共通設定」の「設定」をタップします。

「追加したアカウント」欄で上記で作成したアカウントをタップします。

画面中程の「Exchange ActiveSyncの設定」欄の「予定を同期」をタップします。

ピークスケジュールの設定画面が開きます。