EVO Collaborator の購入方法

ここでは、 EVO Collaborator for Outlook(以下「ECO」) のライセンス(アクティベーションキー)の購入と、試用版から製品版への切り替え方法、およびPC買い替え時などにおこなうアクティベーションの解除について説明します。

ECOのライセンスを購入する

ECOを初めてPCにインストールするとECOは試用版として動作します。試用期間中でも機能に制限はありませんが、試用期間後も使い続けるには、ライセンス(アクティベーションキー)を購入する必要があります。

  • 購入は、試用版で十分に動作を確認されてからご自身の判断で行ってください。動作不良や同期失敗によるデータ損失等、いかなる事象も当方では責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。
  • 公式サイト以外で配布・販売されているものは、バージョンが古く、日本語に対応していません(ライセンスも異なるようです)。ダウンロード及びアクティベーションキーの購入は、いずれも必ず公式サイトからおこなって下さいとのことです(ECOサポートに確認済)。

購入前の準備

支払いはPayPal

代金はPayPalのオンライン決済システムを利用してクレジットカードで支払います。PayPalのアカウントを持っていない場合は、購入画面から新規アカウントを作成することも出来ますが、あらかじめ日本のPayPalサイトで利用登録をしておきましょう。

PayPalをご存じない方は、PayPalの公式ページを参照して下さい。PayPalは海外では最もポピュラーな決済方法のひとつで、売り手にカード情報を渡さないためダイレクトでクレジットカード決済するよりも安全性が非常に高く、オンラインショッピングなどで広く利用されています。サイトはもちろんサポートも日本語に対応しています。

割引を受けるには

ECOは日本限定のクーポンコードを利用することで、通常よりも安く購入することができます。以下のコードを注文画面で入力するだけなので忘れずに入力しましょう。

日本限定のクーポンコード
W34J-KKF3-KBU3

クーポンコードは、EVOチームの方とやりとりをする中で、日本ユーザーのために特別に提供していただけることになったものです。EVOチームの皆様に、この場を借りてお礼申し上げます。

購入手順

ECOの購入手順は以下のとおりです。一応7つのステップになっていますが、PayPalアカウントさえあれば5分から10分程度の作業です。

  • 公式サイトの「お買い上げ」ページを開く

    ブラウザで 日本版公式サイト「お買い上げ」ページを開きます。

  • クーポンコードを入力し商品を選択

    クーポンコード入力欄に前掲のクーポンコードを入力(またはコピーして貼り付け)るとすぐ下の商品価格が割引価格に変化します。1PC用と5PCで使えるバリューパックの2種類を選択できますが、4つ以下を購入したい場合は、この画面で1PC用を選択し、この後のPayPalの支払い画面で数量を調整することができます。

  • 金額の変化を確認して購入ボタンをクリック

    割引価格と選択した商品に間違いないことを確認し、「今すぐ購入」ボタンをクリックします。この時点ではまだ注文は確定しません。

  • PayPalで決済で注文内容を確認

    購入ボタンをクリックすると、自動的にPayPalの購入確認画面に移動するので、商品名と金額を確認し、必要に応じて購入数量を変更したら「続行」をクリックします。

  • PayPalアカウントにログイン

    PayPalアカウントへのログイン画面が開いたら PayPalに登録したメールアドレスとパスワードでログインします。この時点ではまだ決済されません。

  • 支払い方法を選択して決済実行

    金額と支払い方法(PayPalに複数のクレジットカードを登録している場合やアカウントに残高がある場合は支払い方法を選択可能)を確認し、「同意して支払う」ボタンをクリックすると決済が実行されます。

  • アクティベーションキーが届く

    PayPalでの支払を終えると、PayPalから決済完了のメールなどが届きます。PayPalとは別に「EVO support desk」から、アクティベーションキーがメールで送られてきます。

以下のスライドに ECO公式サイトでの注文からPayPalにログインして決済をおこなうまでのスクリーンショットをまとめました。 必要に応じて参考にしてください

EVO Collaborator
購入手順
ECOの購入画面
クーポンコードの入力欄と商品選択欄
PayPalの注文内容確認画面
PayPalのログイン画面
PayPalの購入(決済)確定画面
アクティベーションキーが書かれたメール
previous arrow
next arrow
Slider

試用版から製品版への移行手順(アクティベーション)

アクティベーションキーが記載されたメールにも書いてありますが、以下の要領でライセンスをアクティベーション(有効化)すると、ECOを試用版から製品版に移行することができます。

EVOタブを開く

Outlookを起動し画面上部のEVOタブをクリックして開きます。

アクティベーション画面を開く

EVOタブを開いたら右上の「EVO Collaborator for Outlookについて」欄にある「License status」と書かれた部分をクリックします。

アクティベーションキーの入力

Lisense Activation と書かれた小さなウィンドウに、メールで送られてきたアクティベーションキーを入力(コピー&ペースト)し、ライセンス欄にはユーザー名(自分の名前など)を入力します。入力が終わったら 同ウィンドウ内にある「アクティベートする」と書かれた大きなボタンをクリックします。

アクティベーション完了

先ほどクリックしたボタンの下にあるゲージが緑色に変化しアクティベーションキーおよびライセンス欄が入力不可状態になっていればアクティベーションされている状態です。

以下のスライドに アクティベーション操作のスクリーンショットをまとめました。Outlookのバージョンによって画面のデザインはやや異なりますが操作は同じです。必要に応じて参考にしてください

EVO Collaborator
アクティベーション
OutlookのECOタブ
試用版の時のライセンスステータス欄の表示
アクティベーションキーとユーザー名の入力ウィンドウ
ライセンスアクティベーション済みの状態
ステータスが「チームエディション」に変化したところ
previous arrow
next arrow
Slider

アクティベーションとライセンスに関するヒント

アクティベーション時のエラー

アクティベーション時にエラーコードが表示されてアクティベーションが出来ない場合は、エラーコードを添えて、公式サポートに問い合わせてください。

ライセンス使用上の注意

  • ライセンスは1PCにつき1つ必要
    • アクティベーションキーは、1台につき1つ有効です。同じアクティベーションキーで同時に複数のPCをアクティベートすることはできません。複数のPCで使用する場合は台数に応じたライセンスが必要になります。
  • PCを買い替えたり初期化する場合
    • PCを買い替えたり初期化する場合は、前述のアクティベーション画面を開き「アクティベートしない」をクリックしていったんアクティベーションを解除(≒PCとライセンスの紐付けを解除)しておきます。その後 新しい(もしくはリフレッシュした)PCで再度アクティベーションしてください。
EVO Collaborator
アクティベーション
の解除
OutlookのECOタブ
アクティベーション解除の際にクリックする場所
アクティベーション解除画面
アクティベーション解除完了画面
previous arrow
next arrow
Slider
EVO Collaboratorの使い方・全目次
  • 概要
    特徴|対応サービス・製品一覧|ECOは無料?
  • ダウンロードとインストール
    ダウンロード|インストール|ヒント
  • 基本操作
    操作パネル|各部の概要
  • 同期設定
    設定作業を動画でチェック|同期プロファイルの設定手順|高度な同期設定
  • 初回同期に必要な操作
    作業の流れを動画でチェック|既存データのアップロード手順
  • 複数のGoogleカレンダーとToDoリストの同期
    複数のGoogleアカウントを使い分けている場合|1つのGoogleアカウントで内で複数のカレンダーやToDoリストを使い分けている場合|カレンダーだけ、ToDoリストだけ、連絡先だけを同期させたい場合
  • 購入・登録の方法と割引クーポン
    ECOのライセンスを購入する|試用版から製品版への移行手順(アクティベーション)|アクティベーションとライセンスに関するヒント
  • 高度なデータ操作
    ローカル参照時のアイテムの色について|ローカル参照時に使える便利なショートカットキー|「詳細」タブと「ソースコード」タブ|各ボタンの役割と使用場面
  • 同期のリセット
    Evo Collaborator Outlookフォルダについて|リセット作業の概要|第1段階|第2段階|同期プロファイルをリセットするには|license.dat について
  • 裏技・プロキシ設定ほか
    Proxy環境下でログインIDとパスワードが必要な場合の設定|同期情報格納フォルダの変更|Google(Gmail)のPush通知音をカスタマイズする|ECOのGmailプッシュ通知とOutlook標準の受信通知の違い|Outlook側で作成した予定をGoogleカレンダー側に常に一般公開設定で同期させる方法
  • サポート
    ECOを最新状態に保つ|公式の説明書をみる|メールでサポートを受ける
  • トラブルシューティング
    アクティベーション関連|同期設定関連
  • ToodleDoの同期
    分類項目マスターをToodledo用に定義する|タスク作成時の操作手順|まとめ
  • EVOメールサーバーと同期
  • 事前のバックアップ
  • PayPalのはじめかた