IP逆引き設定

EVOMSのケーススタディ:IP逆引き設定

ここまでの作業で、ドメインと固定IPの関連づけ(正引き)作業が終わりました。EVOメールサーバー(以下「EVOMS」)の運用にはIP逆引き設定が必要ですが、お名前.comでは逆引き設定ができません。

参考:逆引き設定は可能ですか?(お名前.com)

このケーススタディでは、マイIPのコントロールパネルで「マイIP」により割り当てられたグローバル固定IPに対して逆引き設定を行います。

EVOメールサーバーでメール機能を使用しない場合は不要です。次の作業に進みましょう。

マイIPでの逆引き設定

コントロールパネルへのアクセス方法

まず、インターリンクマイメニュー  にアクセスしてログインします。

❶ IDとパスワードを入力して「ログイン」をクリックします。

❷ ログインしたら画面左のメニュー一覧から「各コントロールパネルへ」をクリックします。

➌ 各コントロールパネルの一覧が表示されたら、「マイIPサービス」右横のボタンをクリックするとコントロールパネルが開きます。

ホスト名の入力(逆引き設定)

❹ マイIPのコントロールパネルが表示されたら、画面左の管理者メニューにある「逆引き設定」をクリックします。

❺ お名前.comのDNSサーバーに設定したAレコードのホスト名「mail.example.com」を入力して「登録」をクリックします。

❻ 逆引き設定時のチェックに成功すると登録確認画面が表示されます。「OK」をクリックします。

❼ 登録処理中。しばらく待ちます(10秒くらい)。

❽ 登録完了。画面を閉じます。

逆引き設定の確認 – MXToolBox

設定が終わったら、念のためマイIPの逆引き設定が反映されているかをMXToolBox を使って確認しておきます。

❶ 入力欄に、マイIPで割りあてられている固定IP(例:123.456.789.777)を入力して「MX Lookup」をクリックします。

❷ 無事、固定IPから逆引き設定したホスト名「mail.example.com」が表示されました。

ホスト名のアドレスをクリックすると「正引き」結果を表示します。


IP逆引き設定は以上です。次の作業に進みましょう。

EVOメールサーバーの使い方・全目次
導入編
活用編