日本版 Google Play Music の利用登録


2015年9月3日より、これまで米国など一部の地域で提供されていた、手持ちの音楽をクラウド上に保存してストリーミングで聴くサービスについては、サブスクリプションなしで日本でも利用できるようになりました。利用登録作業も、日本から米国版Google Play Musicに登録方法に比べて、非常に簡単です。

米国版Google Play Musicと異なり、いったん日本版Google Play Musicに利用登録(アクティベーション)すると、そのアカウントでは、サブスクリプション時にラジオステーションを使うことが出来ないようです。※VPN接続で米国のサーバーを経由しても使えません。(2015.9.3現在)

1.手順の概要

日本版Google Play Musicの利用開始から 同期用ソフトのダウンロード (Music Manager)までは、概ね以下のステップになります。
※このページでは、Windows10のIE11(デスクトップ版)を使用しています。Google Chromeでは画面や手順が若干異なる場合があります。

① Google Play Music へアクセス&ログイン
② 支払情報の入力(無料版利用の場合も、利用地域確認のためにクレジットカードが必要)
③ ミュージックマネージャユーティリティ(Music Manager)のダウンロード

 
本記事に基づくカード情報の使用等により生じる、いかなる損害も当方では責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
 

2.STEP1 Google Play Musicへアクセス&ログイン

まず、Google Play Musicへアクセスし、ご自身のアカウントでGoogle Play Music を使えるようにします。

サービス登録開始画面(2015.9.3時点)

Google Play Musicの利用登録がされていないアカウントで、Google Play Musicにアクセスすると、サービス内容を簡単に紹介したログイン画面が表示されます。「ログイン」をクリックして設定を開始します。

 

① 初回アクセス時に、ログインを求められます。Google Play Musicを有効化したいGoogleアカウントでログインします。

② サブスクリプション(月額課金)を利用しない場合は「音楽をアップロード」をクリックします。サブスクリプションの有効化は後から可能です。メルマガの受信はお好みでチェックを外して下さい。

 

③ ガイダンス画面。「次へ」をクリック

 

2.STEP2 利用地域の確認(クレジットカード認証)

利用者の地域判定のため、クレジットカードによる本人確認プロセスに移行します。下の画像の手順で作業を進めます。
アプリ購入などでGoogleウォレットにカード情報を登録済みの場合は、手順の画面が一部異なる可能性があります。
 

① 利用地域の確認の開始画面。料金が発生しない旨の表示を確認して、「カードを追加」をクリック

② 本人確認のための支払手続(0円)の開始画面。「今すぐ開始」をクリックして手続を開始します。

 

③ Googleウォレット の支払情報登録画面。名前やカード番号を入力し、「同意して続行」をクリックします。「氏名」欄には、クレジットカード記載のローマ字を入力します。郵便番号やカード番号入力欄にはハイフンは不要です。

④ 最終確認画面が表示されたら、金額が0円であることを確認して、「購入」をクリックします。

 
以上で、Google Play Musicのアクティベーションは、完了です。
 

3.STEP3 ミュージックマネージャユーティリティのダウンロード(IE)

Step2の登録が成功すると、ミュージックマネージャのダウンロードボタンが表示された画面が表示されるので、画面に従って、ミュージックマネージャをダウンロードします。あとで、ミュージックマネージャをダウンロードしたい場合は、Google Play Musicの画面からもダウンロードすることが出来ます。
 

① アクティベーション成功後の画面。「ミュージックマネージャのダウンロード」をクリック

② ご自身のGoogle Play Musicの管理画面が表示されたら、「ミュージックマネージャのダウンロード」をクリック

③ ミュージックマネージャのインストールを実行するか聞いてきますので、「実行」をクリック。
 
ブラウザによっては「musicmanagerinstaller.exe」のダウンロードor実行を聞くダイアログが表示されます。

ブラウザにGoogle Chromeを使っている場合は、Google ChromeにMusic Managerと同等の機能が組み込まれています。そのため、Google Chromeでは、Music Managerのダウンロードリンクは表示されません。 初回アクティベーション時のみ表示されるようです。後からMusic Managerをダウンロードしたい場合は、IEで管理画面にアクセスする必要があります。

④ダウンロードとインストールが自動で行われ、完了画面が表示されたら、「Close」をクリックします。
 
③で「musicmanagerinstaller.exe」を保存した場合は、「musicmanagerinstaller.exe」を実行する必要があります。
 
インストール画面は英語ですが、Music Manager自体は日本語です(表示言語はOSの言語に依存しているようです。)。

⑤ 無料版 Google Play Musicを利用する準備が整いました!!サブスクリプションを利用しない場合は、ストアで楽曲を単品購入するか、手持ちの音楽をミュージックマネージャを使ってアップロードすることで、Google Play Musicを楽しむことが出来ます。

後でミュージックマネージャをダウンロードする場合は、IEで、サイドメニューを開き、「音楽をアップロード」をクリックすると、ダウンロードリンクが表示されます。

④で、ミュージックマネージャがインストールされた後、ライブラリに曲が存在しない場合、ミュージックライブラリを繰り返し読み込んでしまうことがあります(ブラウザが延々とリロードされる)。この場合は、いったんブラウザを閉じて、Google Play Musicにアクセスし直します。

Google Play Musicの利用開始準備が整ったら、ミュージックマネージャを使って音楽をアップロードしてみましょう! ※ブラウザがChromeの場合はこちらを参考にして下さい。

 

4.Google Walletに登録したカード情報の削除方法

無事に一通りの作業を終えたけど、普段GoogleWalletを使わないとか、誤ってサブスクリプションを有効化したくない方は、アクティベーションに使ったクレジットカード情報をアカウントから削除しておいても良いでしょう。
 
Google Walletにアクセスし、次の画像の手順で削除します。
 

① Google Wallet へログインします。

② 画面左の「お支払い方法」をクリックします。

③ 削除したいカードの右に表示されている「削除」リンクをクリックします。

 

④ 削除の確認画面で、「はい、削除します」をクリック

⑤ 無事にカード情報が削除されました。