gSyncit ライセンスの購入と登録


インストールが完了すると gSyncit は試用版として動作します。

まずは試用版で動作を確認したい方は、ここは読み飛ばして各種同期設定の箇所をご覧ください。なお試用版では以下の制限があります。

  1. 同期を実行するたびに登録を促すダイアログが表示されて10秒間待たされます。10秒後に同期実行ボタンを押すことで同期が開始します。
  2. 連絡先、メモ、タスクの同期できる数(エントリ数)が 50個。
  3. 同期できるのは,1 つの Google、Outlook カレンダーのみ。
  4. 連絡先、メモ、タスクでのエントリの削除が同期されない。

試用の際には、とくに上記4の削除されたエントリの同期がされない点に注意して動作を確認して下さい。例えば連絡先をOutlookから削除してもGoogle上の連絡先は、試用版の仕様のため削除されません。なお、試用版から製品版へ移行する際は、いったん同期履歴の初期化をおこなうことをおすすめします。

 

購入は、十分に動作を確認されてからご自身の判断で行ってください。動作不良や同期失敗によるデータ損失等、いかなる事象も当方では責任を負いかねますのであらかじめご了承ください。

 

ライセンス購入の手順

①購入画面を開く

gsyncit-reg1

購入するには設定画面の左下「Application Settings」の「Register」を選択して、「Purchase License」をクリックし、開いたウェブページから必要なライセンスを購入する手続きを行います。

支払いはPayPalのみのようですので、登録していない場合はあらかじめ日本のPayPalサイトで利用登録をしておいた方が良いです。日本語でなくても大丈夫な方は、そのまま英語サイトで登録しても良いでしょう。

 

②ライセンス購入の流れ

開いたウェブページで「GSYNCIT V3 (windows)」の「PayPal」ボタンをクリック。複数のPCで使用する場合は、台数分のライセンスが必要になるので、その場合は必要な数を入力した上で「PayPal」ボタンをクリック。

gsyncit-reg2

 

PayPalの支払画面に移ります。PayPalのアカウントでログインし支払いを完了させます。支払後しばらくするとPaypalとは別にFieldston Softwareから「Order Confirmation=ご注文の確認」というタイトルのメールで「Product Key」が届きます。

gsyncit-reg3

 

届いたプロダクトキーを先ほどの設定画面に入力し、「Register」ボタンをクリックすると数秒間の通信の後、試用版が解除されます。

gsyncit-reg4