EVO Collaboratorの同期状況をリセットする

ここでは、EVO Collaborator for Outlook(以下「ECO」)の同期状況(アイテムのリンク状態や新旧を識別するために保存されている情報)をリセットする方法について解説します。

この方法はECO導入前の状態にアイテムを戻すものではありません。ECO導入前の状態に場合は事前にとっておいたバックアップ (エクスポート) ファイルを使って、クラウドおよびOutlookを復元(インポート)してください。

通常利用においてはリセットは必要のない操作です。 このページに書かれている内容はPCの操作に比較的詳しい方向けの内容で、データの削除等を伴う作業ですので自己責任のもと充分に注意しておこなって下さい。

Evo Collaborator Outlookフォルダについて

ECOの同期状況に関するデータや設定ファイルなどは、通常マイドキュメント内の「Evo Collaborator Outlook」フォルダ(以下「ECOフォルダ」)に格納されています。ECOはこのフォルダに格納されているデータを基に、同期によってクラウドとリンクしているアイテムと情報の新旧を識別しています。

ECOフォルダの場所

ECOの同期(履歴)データはマイドキュメントフォルダのECOフォルダに格納されています。

ECOフォルダの中身

ECOフォルダ内には同期プロファイルごとのフォルダ0~100までと、同期ログや設定ファイルが格納されています。

ECOフォルダ内の各ファイルの概要は以下のとおりです。通常は使用しませんので不用意に操作・編集しないようにしましょう。

  • IcsOutlookフォルダ
    0~100までの同期プロファイル番号に対応した同期状況データが格納されています。同期プロファイルの番号から1を引いた数字が対応するフォルダ番号です。プロファイルの設定をしていない番号のフォルダの中身は空になっています。
  • EvoCollaboratorOutlookSettings.log
    「どの同期プロファイルがいつ同期されたか」が記録されたログファイル
  • EvoCollaboratorOutlookSettings
    同期プロファイルの設定情報(閲覧不可)。
  • EvoCollaboratorOutlookSettingsFolderMonitor.log
    「どのアイテムがいつどのように処理されたか」が記録されたログファイル
  • license.dat
    PCに関連づけられたライセンス情報(閲覧不可)

リセット作業の概要

リセット作業をおこなう前に全体の流れを把握しておきましょう。リセット作業は大きく2つの段階に分かれます。

  • 第1段階
    リセット作業ではアイテムの同期状況が記録されたファイルを削除するため、リセット前からクラウドとOutlookに存在する各アイテムのリンク(=対応関係)が解除されます。これによってリセット後の同期処理においてクラウド側から同じアイテムが新たにリンクされた状態でOutlookへダウンロードされるため、一時的にOutlook内に同じアイテム(リンクされたものとリンクが解除されたもの)が併存することになります。
  • 第2段階
    第1段階によってOutlook内に生じた併存アイテムのうち「クラウドとリンク済みのアイテム」か「リンクが解除されたアイテム」のいずれか一方を残し、もう一方を削除して整理します。

第1段階

ここからは、連絡先のリセット操作を例に説明していきます。カレンダーとタスクについても同様の手順で操作してください。

操作の前にOutlookは終了しておいてください。

ECOのIcsOutlookフォルダ

削除したいプロファイルに対応するIcsOutlookフォルダを選択して削除します。なおIcsOutlookフォルダは次回同期時に自動で再生成されます。

ローカルを参照するボタン

❷ Outlookを起動してECOの同期処理が終了してから、CardDAVアクション欄の「ローカルを参照する」アイコンをクリックします。
※ カレンダーとタスクの場合は CardDAVアクション欄のアイコンになります。

アイテムが併存した状態のローカル参照ウィンドウ

❸ クラウドサービス側のデータがリンクされた状態で新たにOutlook側へ同期され(黒色のアイテム)、リンクが解除されたリセット前から存在するデータ(グレーのアイテム)と併存している状態になっているのを確認します。

第2段階

(A)リンク済みのアイテムを残す場合

第1段階❸のローカル参照ウィンドウでリンクが解除されたアイテム(=クラウドとの同期が解除されたグレーのアイテム)を選択して削除します。

Ctrl+Gでグレーのアイテムを選択したところ

❹-(A) キーボードで「Ctrl+G」を押して、グレーのアイテムを全て選択し、右下の「消去」ボタンをクリックします。

併存していたアイテムが削除されたところ

❺-(A) 併存していたグレーのアイテムが削除され、リセット後にクラウドから同期されたアイテムだけがOutlook内に残りました。

(B)リンクが解除されたアイテムを残す場合(クラウド側の削除)

第1段階❸のローカル参照ウィンドウでリンク済みのアイテム(=リセット後にクラウドから再ダウンロードされたアイテム)を選択して削除し、リンクが解除されたアイテム(=リセット前からOutlookに存在するアイテム)をクラウド側に再アップロードしてリンクさせます。

Ctrl+Bでブラックのアイテムを選択したところ

❹-(B) キーボードで「Ctrl+B」を押して、ブラックのアイテムを全て選択し、右下の「消去」ボタンをクリックします。

併存していたアイテムが削除されたところ

❺-(B) 併存していたブラックのアイテムが削除され、リセット前からOutlookに存在するアイテム だけが残りました。

グレーのアイテムを選択したところ

❻-(B) キーボードで「Ctrl+A」または「Ctrl+G」を押して、グレーのアイテムを全て選択し、ウィンドウ下部の「O2C Outlookからクラウドにコピー」をクリックします。

アップロード先選択ダイアログ

❼-(B) アップロード先のプロファイルを選択して「Choose」をクリックします。

アップロード結果を表示するダイアログ

❽-(B) アイテム数にもよりますがアップロードには時間がかかります。またアップロード中は一時的に画面が「応答なし」になることがありますが、気長に待ちます。

コピーに失敗する場合はいったんOutlookを終了させて、ECOフォルダ内の「Evo Collaborator Outlook Settings Folder Monitor.log」ファイルを削除してから再度試してください。

同期プロファイルをリセットするには

同期プロファイルを削除する場合はプロファイル設定画面で該当のプロファイルを選択し、ウィンドウ下部の「リセット」->「適用」ボタンの順にクリックします。

または「Evo Collaborator Outlook Settings」ファイルから 対応するプロファイル番号のものを選択して削除します。なお100番はUIに使用する言語の選択状況などが格納されており、削除した場合はECOで使用する言語の選択状況もリセットされます。

license.dat について

「license.dat」ファイルにはECOのライセンス情報が格納されています。このファイルを削除してしまうと、ECOが試用版に戻ってしまうので削除しないでください。

新しいPCを購入してECOを移行させる場合や、PCを購入時の状態に初期化させる場合は、ECOのアクティベーション画面を開き、①古いPCでは「アクティベーションの解除」を行い、②新しいPC(もしくは初期化後のPC)で再度「アクティベーション」させます。

「license.dat」ファイルをコピーする方法では、原則として新しい環境でアクティベーションできません。

EVO Collaboratorの使い方・全目次
  • 概要
    特徴|対応サービス・製品一覧|ECOは無料?
  • ダウンロードとインストール
    ダウンロード|インストール|ヒント
  • 基本操作
    操作パネル|各部の概要
  • 同期設定
    設定作業を動画でチェック|同期プロファイルの設定手順|高度な同期設定
  • 初回同期に必要な操作
    作業の流れを動画でチェック|既存データのアップロード手順
  • 複数のGoogleカレンダーとToDoリストの同期
    複数のGoogleアカウントを使い分けている場合|1つのGoogleアカウントで内で複数のカレンダーやToDoリストを使い分けている場合|カレンダーだけ、ToDoリストだけ、連絡先だけを同期させたい場合
  • 購入・登録の方法と割引クーポン
    ECOのライセンスを購入する|試用版から製品版への移行手順(アクティベーション)|アクティベーションとライセンスに関するヒント
  • 高度なデータ操作
    ローカル参照時のアイテムの色について|ローカル参照時に使える便利なショートカットキー|「詳細」タブと「ソースコード」タブ|各ボタンの役割と使用場面
  • 同期のリセット
    Evo Collaborator Outlookフォルダについて|リセット作業の概要|第1段階|第2段階|同期プロファイルをリセットするには|license.dat について
  • 裏技・プロキシ設定ほか
    Proxy環境下でログインIDとパスワードが必要な場合の設定|同期情報格納フォルダの変更|Google(Gmail)のPush通知音をカスタマイズする|ECOのGmailプッシュ通知とOutlook標準の受信通知の違い|Outlook側で作成した予定をGoogleカレンダー側に常に一般公開設定で同期させる方法
  • サポート
    ECOを最新状態に保つ|公式の説明書をみる|メールでサポートを受ける
  • トラブルシューティング
    アクティベーション関連|同期設定関連
  • ToodleDoの同期
    分類項目マスターをToodledo用に定義する|タスク作成時の操作手順|まとめ
  • EVOメールサーバーと同期
  • 事前のバックアップ
  • PayPalのはじめかた