Enpass タグを使ったアイテムの管理

Enpassではカテゴリの他にタグ(Tag)を使ってアイテムを効率よく管理することが出来ます。一つのアイテムは特定のカテゴリにしか分類できないのに対して、タグにはそのような制限はありません。

はじめはカテゴリとタグの使い分けが難しく感じるかもしれませんが、例えば以下のような使いかたができます。

図の例では、ログイン、クレジットカード、ファイナンスカテゴリに所属している楽天グループの異なるアイテムをタグをつかって瞬時に抽出することが出来ます。

他にも「買い物」「仕事用」「学校」といったように目的や場所でタグ付けすると便利です。

タグに関する操作はアイテムの編集画面またはサイドバー(モバイルではグループタブ)で行うことが出来ます。

デスクトップでの操作

アイテム編集画面から操作する場合

アイテム編集画面でEnpassのタグを操作するには次のようにします。

つけたいタグ名をタグ欄に入力してEnterキーを押します。既存のタグをつける場合は一部を入力すると表示されるタグ候補をクリックします。
タグ名を入力
右上の保存をクリックしてタグ操作を確定します。つけたタグを外す場合はタグ名の×印をクリックします。
保存をクリック

サイドバーから操作する場合

タグの操作だけならサイドバーを使うのがおすすめ。アイテムをタグリストにドラッグ&ドロップするだけでタグ付けが完了します。CtrlやShiftキーを使って複数のアイテムに一括適用することも可能です。

サイドバーのタグセクションで+ボタンをタップしてタグを作成します。
タグの作成
作成したタグにアイテムを追加するには、サイドバー上の目的のタグにドラッグ&ドロップします。
タグにアイテムを追加
サイドバーでタグを選択し、アイテムを右クリックするとタグを外すことができます。
タグを外す場合

タグ自体の管理

サイドバー上のタグリストを右クリックすると、タグ自体の削除、名前変更、アイコンの変更の他、サブタグを作成することもできます。

モバイルでの操作

アイテム編集画面から操作する場合

タグ入力欄に新しいタグを入力して保存をタップします。
新規タグの追加
既存のタグの場合は、一部を入力して表示される候補をタップします。
既存のタグの追加
タグを外すには、タグの後ろをタップしてキーボードで削除します。
タグを外す

サイドバーから操作する場合

グループタブで新しいタグをタップしタグ名を入力して保存します。
タグの作成
グループタブからタグを選択し右上の+ボタンをタップしてタグをつけたいアイテムを選択します。
タグにアイテムを追加
タググループから目的のタグを表示し、一覧からタグを外したいアイテムを左へスワイプしてタグを外します。
タグを外す場合

タグ自体の管理

タグリストで目的のタグを左にスワイプするとタグ自体の削除、名前変更、アイコンの変更ができます。なお、サブタグを作成する場合は、上記「サイドバーから操作する場合」のスライド2枚目のメニューで「新しいタグ」を選択してください。

この記事がお役に立ちましたら、シェアしていただけると嬉しいです!